チワワの子犬を飼う前にこれだけは準備したいアイテム14選

チワワのななちゃんチワワお役立ち情報

チワワの子犬をこれから飼いたいと思っている方へ

私は今回、チワワのななちゃんを飼うにあたってわんちゃんを飼うのは初めてだったので、最初に何を準備したら良いのかということもよくわかりませんでした。

本を読んだりブリーダーさんやペットショップの店員さんに聞いたりしてチワワを迎える準備をしアイテムを揃えました。

私のように、チワワをこれから飼いたいと思っているけれど何を準備すべきなのか、迷っているという方もいらっしゃるのではと思います。

そこで今回は、チワワをお迎えするにあたって最低限準備が必要なもの実際に私が購入したもの、準備したものを具体的に14個、ご紹介したいと思います。

これからわんちゃんをお迎えする方に、少しでも参考になれば幸いです。

チワワの子犬を迎える前に準備したもの(買ったもの)

1.  ゲージ

こちらは、夫の実家でわんちゃんが使っていたものを譲り受けお借りしましたので我が家では購入はしませんでしたが必ず必要なものとなります。

ゲージはわんちゃんのおうちというだけでなく、家族の目が行き届かない留守番時に予期しない地震が起きた際に、倒れてきた家具などからわんちゃんを守る役目もしてくれる大切なものです。

ゲージは必ず購入し、わんちゃんが子犬のうちからゲージに慣れさせるようにすると良いと思います。

我が家で使用しているゲージは、タイヤが付いているものでお部屋の移動もでき便利で重宝しています。

お部屋の移動などの可能性がある方は、タイヤ付きのものを購入されると良いと思います。

我が家で使用しているのはこちらと似たタイプのものです↓

 

 

2.   キャリーケース

キャリーケースは、チワワをペットショップやブリーダーさんのところから自宅へ運ぶ時や、動物病院へ運ぶ際などにも必要になるので1つは用意しておいた方が良いと思います。

プラスチック製のものが安心感があると思います。

我が家では、ブリーダーさんが、キャリーケースを用意して下さりサービスとしてプレゼントして下さいました。

頂いたキャリーはこんな感じのです。

通常はご自身で購入されるものだと思います。

3.  トイレ×2個

トイレは、チワワであればそんなに大きなものは必要ないのでSサイズの1番小さいサイズのもので十分対応できます。

トイレは、ゲージの中に1個、ゲージの外にも最低1個は必要なので最低2個は必要となります。

ゲージの中には小さめのSサイズ、そしてゲージの外に置くしつけ用には大きめのサイズのものを1つ購入するのがおすすめです。

トイレもデザインに種類がありますが、上の蓋を取り外す時に、取り外しやすいものが良いと思います。

我が家ではボタン式のものと、クリップ式?のものを2種類購入しましたがボタン式のものは取り外しがしにくく、クリップ式のものの方が使いやすいと感じました。

おしっこをする度にボタンを外してシートを交換するのがちょっと大変なので。

↓蓋の取り外しが必要ないタイプ

 

↓クリップ式

 

 

 

4.  トイレシート

トイレシートは、トイレのサイズに合うものかどうか確認します。

チワワのような小型犬はトイレやトイレシートも小さなサイズのもので合うので、シートの値段も安めで嬉しいですね。

最初は取り急ぎ、100枚あれば十分ですが、トイレシートはまとめ買いすると安く買えますよ。

ホームセンターなどでは、大体100枚で1,000円くらいが相場なのですが、我が家は現在は800枚3,979円でまとめ買いしています。

シートのまとめ買いで年間費用で計算すると1万円以上変わってくるんですよ。

 

5.  ベッド

ゲージの中にベッドを置いてあげましょう。

なるべくふかふかで居心地が良さそうなものを選びました。

また、今後のお手入れを考えると、丸洗いできるものが良いと思います

 

チワワのななちゃん

6.  わんちゃん用の毛布

毛布も、頻繁に洗濯してあげた方が良いので、2〜3枚あると良いと思います。

我が家では取り急ぎ、1枚だけ買いました。

7.  クッション

毛布と一緒に、小さめのクッションか座布団もベッドに一緒に入れてあげるとまくら代わりになり良いと思います。

100均などでも手に入ると思います。

我が家で使っているのはこれ。

ブリーダーさんがくれました。

ななちゃんお気に入りです。

8.  フード

フードは、最初の1ヶ月は、ペットショップやブリーダーさんのところで食べていたごはんと同じ種類のものを食べさせるというのが基本です。

急にフードを変えると、お腹を壊したり体調に影響するためです。

どのフードを買えばいいか、ブリーダーさんやペットショップの方に確認しましょう。

うちでは、ブリーダーさんのところで「サイエンスダイエット小型犬用子犬用」というものを食べていたようだったので、最初はこれを買いました。

 

 

 

9.  フードボウル&水入れ

フードボウルと水入れは、私は100均で揃えました。

こちら、トレイと合わせて全部で300円でした。

ブリーダーさんには、プラスチック製は噛んでしまう可能性があり金属製はアレルギーなども心配なので陶器のものが良いと思うと言われました。

10.  除菌シート

わんちゃんは、最初はうんちやおしっこを床にしてしまったり、トイレを失敗することもあります。

除菌シートは結構使うので買っておいてよかったと思いました。

 

11.  ブラシ

早いうちから、ブラッシングには慣れさせた方が良いので、抜け毛の処理が目的というよりは、まずはブラッシングに慣れさせる目的でゴム製のブラシを買いました。

毛がもう少し長くなってきて、抜け毛が増えてきたら別のタイプのブラシを買う必要がありますが、最初は痛くないようにゴム製のものがおすすめです。

 

12. シャンプー

シャンプーも早めに買いました。(お店でシャンプーされる方は必要ないですが)

ペットショップでおすすめされた、チワワ用シャンプーを買いました。

通常は、シャンプーと、リンス(トリートメント)を2回に分けて行いますが子犬のうちは体力も消耗しやすいですし、シャワー自体が怖くてストレスになりやすいので、なるべく2回ではなく1回でシャンプーを済ませた方が良いそうです。

なので、チワワ専用のトリートメントインシャンプーを買いました。

こちらです。1つ買っておけばかなり長持ちします。

香りもナチュラルな感じで良いと思いました。

13.  ヒーターマット

うちでは、11月の初旬にチワワを迎えました。

チワワは寒がりなので、寒くないように室温には気をつける必要がありますし、ヒーターも必需品です。

チワワを迎えてすぐにヒーターも買いました。

ヒーターは、基本24時間つけっぱなしにしておくのが良いようです。

なるべく安全性が高そうな日本製のものを選びました。私が購入したのはこちらです。

 

 

表面と裏面で温度が違い、使い分けができるようになっています。

14.  歯磨き練習用シート

歯磨きは、最初は口に触る練習からスタートし、次にガーゼや歯磨きシートを指に巻き、歯をこするようにして磨く練習をします。

歯磨きシートも早めに購入しておきました。

以上、子犬を迎えるにあたって最初に準備をしたもの14個をご紹介しました。

これらは、最初に用意するものなので、また追い追い必要になってくるものもいろいろありますがこれだけ用意しておけば最初の準備としてはばっちり大丈夫かと思います。

ちなみに予算も気になるところかと思います。覚えている範囲ですが私が購入しただいたいの金額を書いておきます。

・ゲージ (頂いたので無料) 通常は約8,000円〜

・キャリーケース(頂いたので無料)通常約2,000円〜

・トイレ2個  1980円のもの1つ、980円のもの1つ 合計約3,000円

・トイレシート 約1,000円

・ベッド  約3,000円

・毛布   約1,000円

・フードボウル・水入れ・トレイ 300円

・フード  約1,500円

・除菌シート 約300円

・ブラシ 約700円

・シャンプー 約1,200円

・ヒーターマット 約4,500円

合計金額 約16,500円

(ただしゲージとキャリーケースは頂いたので金額に含めていません)

ゲージとキャリーケースを購入するとすると予算約3万円くらいは見ておいた方が良いかもしれませんね。

あと、ゲージの中にはこんな感じでグッズをセットしましたよ。

実際の写真はこちら(この写真ではヒーターはまだセットしていません)

 

それから購入したものとは別に、家にあったもので役に立ったものは「ヨガマット」。

我が家はフローリングなのですが、フローリングだと固いし滑るし冷たいしでわんちゃんにとっては遊びにくく、危険です。

わんちゃん用のマットもいろいろ売っていますが、取り急ぎ我が家ではヨガマットを数枚敷いて対応しました。

何枚かあったので、役に立ちましたよ。

取り急ぎはヨガマットで対応しましたが、その後こういったタイルカーペットを敷きました。

タイルカーペットなら取り外して洗えますし安心感があります。

実際にわんちゃんを迎えるとなると、何を用意したら良いのか迷ってしまうこともあると思うので、参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました